自立した老いとは 老いのたわ言

 加藤校長は多くの手記、原稿に清書した随想、短歌、日記を残しておられます。
まずは当方が気付いたものを順次紹介し、最終的には編集のし直しをさせていただきたいと思います。
  先生は96歳の時に思いつくことをまとめた冊子「老いのたわ言」も残しておられます。その「たわ言」のメモから少し紹介します。

*************************

「老いのたわ言」
■5月になっていよいよ夏日の暑さ。
 うれしいことに庭の山野草がすこぶる元気だ。土にすがって早朝の庭をひと巡りする。朴の葉が緑の天蓋となり、生き残った草のあれこれが元気になり嬉しい。 
 去年箱根仙谷の山草屋でいづみの買ってくれた野草が、全部元気に生き残り、いくつもの花が今年も見られること。生きがいここに在り。
 ウマノスズクサ、ニッコウキスゲ、ヤマラッキョウ、ヤマブキソウ、クジャクキキョウ、シロベナタツナミソウ、ニニンシズカ・・・。書ききれない喜びは私の生きがいだ。
 おしゃべり、音読、下手な歌、お経も電話も怒鳴るのも、みんな声帯の活動である。声帯を活動させねば弱るばかり。声が弱くなり。声に力がなくなるのもしゃべらないからだ。声を出す努力をしよう。人は一日どれほどの声を出すのだろうか。

 反復使用によって発達し成長する人間の能力は、使わなければ驚くべき速さで衰え老化する。老化で衰えた能力の回復は、反復使用あるのみ。
 病気は薬や医師の治療で阻止し、回復することが可能だが、老化防止には医師も薬も役立たないことが多い。強い意志を持った反復活用とその努力が唯一の対策だ。

■老人多忙などと言うと、老人ほど暇で時間を持て余しているものはないだろう、何が忙しいのかと叱られそうである。
 寝たきりで生活一切を介抱してくれる人がいてくれる場合は、テレビでも見て横になっている以外は何もすることがない。いわゆる老人生活で多忙などとは一切縁のない日々であろうが、介護や援助をしてくれる人が誰も居ず、自分の身の回りから家事一切をしていかなければ生活のできない私のような者は、生活時間に追われて毎日忙しさと闘って生きている。

■日本の大都市には驚くほど多くの専門医院がある。大病院の窓口に行くと、これは病院ではなくて医学の研究所かと疑うばかりの専門窓口が並んでいる。ところが、病人が最も多いだろうと思われる高齢者専門の病院も病院窓口も見当たらない。これはいったいどうしたことか。
 老人は金もうけにならないのか。老人の病気なんて研究する面白さもメリットもないのだろうか。そもそも老人の病気は病気でないのだろうか。

■ 老人であってもその言行に責任を持とう。自分の言行に責任を持たなければ、それは飼育された動物の一つに過ぎず。

自立した老いとは 老いの心得 その2

老いの心得 その2

素直に老いを受け入れよう

 人がまず老いを感ずるのは体力の衰えである。それが一番端的に感じられるのは足腰の衰え、続いて平衡感覚の不安定さだ。片足立ちがひどく不安になり、立ったままでズボンを履いたり脱いだりするとよろけがちになる。

 加えて注意力の集中時間が短くなる。読書でも作業でも1時間や2時間くらいは時間など気にせず熱中できたものが、30分も同じことを続けるともう駄目になる。絵など描いても一気に引くことができる線の長さが段々短くなる。 

 さらに進むと、五感が自分ながらいやになるほど不自由になる。目が見えにくい。白内障が進行する。耳が遠くなる。後から来る自動車の音などが聞き取りにくくなって、はっとすることがしばしば。テレビやラジオの音量が、知らず知らずに増えている。
 数え上げるときりが無いが、要するに幼児から次第に訓練され身についてきた力や感覚が、次々と衰え弱くなって来る。
 
 まったく昔の人が言ったように、老化とは赤子帰りである。幼児の場合には次々と力を獲得して行くときの過程で希望いっぱいであるが、老化の場合には先に希望のない時々刻々の流れがあり、悪いことに体力も感覚も完全であった若い時の記憶があるだけに、余計心細くなりイライラすることになる。

 そのために足腰が痛むとリハビリに頼り、視力の衰えには眼鏡だ、白内障手術だと。また補聴器をつけたら聴力が取り返せないかと、いろいろな器具を求めたり、あの医者この医者と医師に頼って、何とか昔の若さを取り戻そうと走り回ることになる。

 しか考えてみると体力にしても感覚にしても、そのひとつだけが弱ったり故障したりしたのではなく、どれも一斉に衰えて来るのである。それこそが老化の進行なのだ。老化の進行は生命が徐々に限界に近づくことであって、生きている者にとって避けることのできない宿命である。

 母の胎内を出てこの世の空気を吸って以来、一刻の休みもなく生命はこの終局に向かって進んでいるのであって、例外は一切ない。

 それが何とかならないかと右往左往するのが人間である。なまじ智慧に恵まれているだけに他の生物のように素直になれない。

 秦の始皇帝の例に見るように、あらゆる富や権力を手にした人間が最期になんとしても手に入れようとあがくのが不老長寿の願いであろう。しかし思い通りに不老不死を手に入れた者は誰もない。

 それだったら少々発想を転換して、老化を避け不老不死を望むよりは老化を絶対避けられないものと素直に受容し、受け入れるためにどう考え、どう生きたら良いのかを考えたらどうだろうか。

 知り合いの老人に自分の老化の話をすると決まったように帰ってくる答えは、「どこそこの医者にリハビリを受けると腰の痛みが軽くなりますよ」とか、「白内障の手術は簡単だからぜひおやりなさい」とか、「良い補聴器の世話をしてあげよう」とかいうことである。
 さすがに記憶力が減退したことや精神集中の時間が短くなったことには何の言葉も返って来ない。これらは名医や良薬も無さそうである。

 私が今思っているのは体力や気力など五感の衰えは、私の命がたどる大きな流れの中の一つであって、それらの全部が調和しながら命の終焉に向かって進んで行く自然の流れであって、それを素直に受け入れることが安楽往生への最良の方法であると思う。

 生涯宗教心には縁遠く、人生の悟りも得られず極楽往生の安心もない自分などは,せめてこれ位のところが行きつくところのようである。

自立した老いとは 老いの心得 その1

自立した老いとは 老いの心得 
その1 事故を防ぐために

 元小学校長だった加藤盛夫さんの手記の紹介を続けます。

 加藤さんは2001年(平成13年)に90歳を超えました。それを機に小冊子に随想をまとめています。その主題は「老いの心得」です。最近高齢者の交通事故が目立ちますが、ここには老いた者がどのような姿勢で暮らせばいいのか、そのヒントが読み取れると思います。

小冊子の冒頭は以下の文章で始まります。

*******************

 おかげさまで90歳を越えました。友人知人の多くが幽明境を別にして、本当に生き残りの感を抱いております。もう遠慮無く、私は老人ですと言えるような気分になりました。
 老人として生きている人間の、老人として心に浮かぶあれこれを、暇に任せて少しずつ書き記してみたいと思います。         平成13年6月19日 盛夫

********************

そこからの抜粋を以下に紹介します。

********************

自転車とのおつきあい

 足腰がひどく弱ったのでごく近い所へ行くにも歩行困難となりました。そのため自転車の利用が多くなりました。まだ車椅子でないだけ有難いことです。

 このころやっと気の付いたことですが、自転車に乗るのは脚と腰のバランスで動いていることです。子供のころ、まだ自転車を習い始めた時は、すごく不安で必死になってハンドルにしがみついていました。ハンドルを握る手に力を入れれば入れるほど自転車の動きは不安定になります。
 段々と自転車に乗ることが上手になると、自然に脚と腰でバランスを取り推進することができるようになりました。そうなるとハンドルの方はごく軽く握っておればよくなり、手に力を入れなくてもいいようになり、不安なく気軽に自転車に乗れるようになりました。

 ところが齢をとって足腰が弱くなったこの頃では、子どもの頃の習い事で始めた様に脚と腰で自転車のバランスを取り、推進することができなくなりました。自然とハンドルを執る手と肩に力が入り、その結果自転車の運転が昔の習い始めのようになり、とっさの変化に応じることができなくなりました。平衡感覚も衰えて、狭い所を通ったり対向の人や自転車があるとひどく不安になり、ハンドルを握る手や肩に不要な力が入って運転が不安定になります。自転車も若い時のように気楽な乗り物では無くなりました。

 そして学んだことは、「待つことの効用」です。怖いと思ったら自転車を停めたり降りたりして待つことです。どうせゆっくりした時間を生きている老人です。一歩先に行かなくても下車して待てばいいのです。

 待てば安全です。譲って待てば感謝してもらえます。老人になってやっと待つこと譲ることの効用を学びました。
 颯爽と風を切って走るのも自転車の楽しみですが、老人にとっては足腰の弱りを助けてもらう大切な道具です。この大切な道具と上手につき合う為に、老人としては「待つこと」「譲ること」をしっかりと身につけようと思います。危ないと感じたら車を停め降りること。それが老人の生活の智慧であり老人らしい生き方だとやっと気づき始めました。
 
 狭い道で向こうからくる人や車のために自転車を降りて待つ。「有難う」と言ってくれたり、笑顔で会釈してくれたりする。老人になって知らぬ人から「有難う」と言ってもらったり笑顔をいただくことは、お金に恵まれるよりもっと嬉しいことです。
 変化の少ない老人生活にそれは貴重な恵みになります。
 それだけで一日幸せになれるのです。

自立した老いとは 資料編3

 資料編として、原田先生の絵手紙の紹介を続けます。

 原田先生に伺うと、先生と加藤校長との絵手紙のやり取りは、1993年(昭和58年)頃から2009年(平成12年)頃まで続いたそうです。加藤校長の83歳から亡くなられる99歳までの16年間です。

 加藤校長から原田先生のもとに届けられた絵手紙は157枚、そして加藤校長のもとに保管されていた原田先生の絵手紙は120枚でした。

 お互いに保管されていた絵手紙が、お二人にとっていかに大切なものか、心の支えになっていたかを物語っていると思います。

 その多く紹介していきたいと考えています。以下に掲載しますが、それぞれの葉書面をクリックしていただけば、拡大され見やすく、読みやすくなります。

 

 

自立した老いとは 資料編1

「自立した老いとは」のシリーズがしばらく中断していました。

 昨秋から当方に仕事ができ、久々早朝からの通勤に追われ、ブログを制作できませんでした。しかしこのシリーズのもととなった恩師お二人の書簡は大量にあり、それを読ませていただくことで、我が身の老い、暮らしを考える機会を維持していきたいと思っています。

 そこで今できることとして、恩師二人の書簡などの一部を少しずつここに紹介し、皆さんにもご覧いただき、今後時間が確保できたときに、その書簡から学べることをまとめるという段取りにします。

 今回からしばらく、先のシリーズで紹介した加藤盛夫校長が書簡を交換しておられたお相手の原田雅司先生が、加藤さんに送られた絵葉書を掲載します。

 

 

自立した老いとは 資料編2

 原田さんはご夫婦で多くの旅をしておられます。
その先々で加藤さん宛の絵を描き、投函してこられました。
 左側の絵につけられた便りを右側に掲載しています。

 文面からお二人が頻繁に絵葉書の往復をされていたことが
伺えます。

自立した老いとは 恩師の書より       その1 

 このコーナーでは、私の小学校時代の恩師とそのまた師である校長の二人が10数年にわたって続けた手紙の一部を紹介します。

 私の恩師とは小学校6年生の時の担当で、今も時々手紙やメールをやり取りし、たまには飲み、そして同窓会も開かれています。

 小学児童だった私たちがなぜ担当教師にそこまでなついたのか。今も親しくお目にかかるのか。なかなか言葉で表しきれませんが、基本は私たち児童と対等な目線で指導をしてくださったことにあると思います。

  その恩師が師として尊敬しつづけたのが、初任地小学校の校長でした。特に校長が99歳で亡くなられるまでの晩年の20年近く、他人の世話にならないように日々努力し、独居を続けられた姿に大いに学ばれたようです。

  お二人が交換された書簡は、絵手紙も含めかなりの数になり、まだ整理を進めています。取り合えず絵葉書を含め20通ほどをここに紹介します。

 高齢者社会での自立した男の生き方、その模範、理想の姿がこの書簡に記されています。無論男だけなく女性にとっても、自分の老いとの付き合い方、豊かな生き方の範をそこに見い出すことができると思います。このブログ「自立した老いとは 恩師の書簡から その2」以降をぜひご覧ください。

  恩師の名前は原田雅司さん その校長は加藤盛夫さんです。
 お二人の簡単なプロフィールは後のブログ「その10」に掲載します。

まずはある雑誌(※)に掲載された原田さんによる加藤さんの紹介を抜粋します。

*************************************
   私が、40数年前、大学を卒業し、初めて小学校の先生になったとき、その時の校長先生であった加藤盛夫さんという方がいますが、現在93歳(執筆当時平成16年)で元気に独り暮らしをしています。10数年前、妻に先立たれ、それ以来誰にも頼らず、まさに独りで食事、洗濯、生活の全てを自分でやっています。今も毎年、毎年、一年の目標を定め、「あせるな(無理するな)、あきらめるな(ぼちぼちでいい)、歩みを止めるな」と日々懸命に生きています。

 私は、この先生と毎月絵手紙を交換し、もう10年近くになります。この絵手紙の一枚をご披露します(下部に表示した絵手紙「春近し」)

 見てください。「寒風の中、河原のネコ柳の芽がふくらんでもう節分。残り少ない人生だから、一層春の来るのがいとしいです。いつも御恵与くださる絵手紙にどれほどなぐさめられるか、感謝の気持ちでいっぱいです。一生けんめい生きていることが、楽しく永眠できる秘訣と信じています。今日も全力投球の生活です」と書いておられます。
 まさに男の自立した生き方の手本、人生の手本と思っています。

※「あいち いきいき人生」(愛知県社会福祉協議会・長寿社会センター発行・vol28 2004年春号)
*******************************************
以下は加藤さんが原田さんに送った絵葉書の一葉です。

自立した老いとは 恩師の書簡より       その2

 ここから元小学校長加藤盛夫さんがその元小学校教諭 原田雅司さんに
宛てた書簡を順次紹介します。

 まず加藤さんの90歳の時の手紙です。視力や脚力が衰え、趣味を生かした
暮らしができなくなった時、どう対応すべきか。その生き方示されます。

******************************

平成13年(2001年)3月18日 加藤盛夫先生90歳

 老人の誤算 こんな筈ではなかったのに

 本も若い頃から好きであったし、脚はわりに丈夫だったので散歩はとても楽しみにしていました。そのため自分は年をとって独り暮らしになっても、好きな本を読んだり、草木や石ころや小動物たちに接することのできる楽しみがあるから、退屈な老人生活をするようなことは無いと、たかをくくっていました。

 ところが90歳近くなって急に歩く力が無くなり散歩どころか。「歩く」ことがすごく重労働に思われるようになりました。以前は歩くことなど殆ど無意識に出来ることで、歩き乍(なが)ら植物や昆虫の観察をしたり、歩き乍ら下手な短歌や俳句も手紙に書き溜めて楽しんでいたりしたのですが、歩くことが重労働と感ぜられるようになると、歩くだけで精いっぱいで、歩き乍ら考えたり、観察したりすることなど全くできなくなり、散歩が苦しいだけで少しも楽しいもので無くなりました。

 視力がひどく弱くなって本を読むことも苦痛になり、少し読書をしても直に疲れてしまう始末です。

 そんなことで、散歩と読書の楽しみがあるから老後も大丈夫と思っていた自分の考えが大誤算であったことを、しみじみ思い知らされています。

 散歩や読書が出来なくなると同時に、ものを考えたり、何かに感動することも極端に少なくなりました。好奇心や野次馬根性がすっかり衰えました。その上集中力の持続時間が極端に短くなりました。 
 身体の力も、五感の反応も精神力も一度に弱くなった感じです。

 高齢者生活といってもあるところで大きな段差が付くことを自覚しました。
 高齢者生活にも「前期」と「後期」が有るように思われます。

 ゆっくりと趣味を生かし、積極的に人生を生きようと思えるうちは「高齢前期」だったと思うようになりました。
 前期、後期の分かれ目は年齢ではなく、個人差の多いもののようです。私の場合は八十八歳から八十九歳がその時だったようにお思われます。
 高齢者問題が深刻になって来るのはどうもこの後期(私が勝手に考えたものですが)のような気がします。

 歩行の困難、視力、聴力、思考力衰弱になった高齢者は老人病院や福祉施設に行くよりないのでしょうか。

 まだ何とか救う道が有るような気もするのですが、具体的な方策が思い当たりません。幸か不幸か自分がその段階に入ったようなのでいろいろ考えてみたいと思っています。ご教示ください。(疲れたので今日はこれまで)

 

自立した老いとは 恩師の書簡より      その3

            加藤盛夫先生 91歳

 誕生日に

 平成14年(2002年)2月14日 満91歳の誕生日を迎えた。思えば随分長生きができたものだ。

 この頃では、気力も記憶も体力も、すっかり弱くなってしまった。少し動くと、すぐ横になって休みたくなる。何もしたくない。見る気も無いのにぼんやりとテレビ画面を見ているうちに眠っていることも少なくない。このままでは間違いなく半ボケ老人になることだろう。

 自転車はとまるとこける。こけると起き上がれない。
 そこで考えた。

 あせるな(無理するな) あきらめるな(ぼちぼちでいい)
 歩みを止めるな

 ゆっくりでいいから、マイペースで、残り少ない人生の一日一日を大切に、
 たしかに、生きて行こう。

************************************************

 加藤先生は原田先生に多数の絵葉書を送っています。
これからのブログごとにそれを紹介していきます。
絵は加藤先生の自筆です。

自立した老いとは 恩師の書簡より      その4

 平成17年(05年)3月18日
(加藤盛夫さんから原田雅司さんへの手紙)

 私が老人のための施設を利用しないわけ

 老人福祉への社会の関心が増え、行動不自由な老人のために老人病院や老人福祉施設、デーケア施設、ショートスティなど、介護福祉の施設がいっぱい出来てきました。
 私も満94歳を超え、独居生活をしていますので「丈夫でいいですね」「介護施設を利用したら」「介護援助を受けたら・・・」といろいろな親切な勧めをいただきます。なかには「もう死ぬんだから金を残しても仕方ないでしょう。もっと金を使って楽をしたら」とまで言われることもあります。
 私も90歳台に入ってから急速に体力が衰え、諸感覚がにぶくなり、日常生活を自分の力で続けるのがひどく苦痛に感ずることが多くなりました。一番不便なのは下半身の衰弱で、歩行どころか5分と立っていることも苦痛です。加えて視力が弱くなり、それが一層行動を不自由にします。読書も草花の世話も困難になり、趣味生活がどんどん奪われています。

 それでも私が独居生活に執着しているのは、生きていることの自覚と喜びを持ち続けたいからです。床の上にぺたりと座って、少しずつ雑巾かけをするのも、何度も失敗をしながらやっと布団を干すのも、今日はこれをしようという目的があり、そのちょっとした仕事ができたときに、目的達成の喜びがあるからです。それがいま精一杯の生甲斐なのです。

 考えてみると起床から就寝までリハビリの連続です。つまずいたり、失敗したり、ひどく危ない要素のあるリハビリですが、温かい介護を受けながら安全に続けるリハビリとはまた別の自己目的があり、自己達成の喜びがあり、苦労はあってもそれに勝る生甲斐の実感があります。

 車椅子に頼ったり、こんな苦しい歩行をしなくてもいいのにと思ったり、掃除や買い物は介護を依頼して休んでいれば楽なのに、と思ったりもします。
 苦しいからといって助けを受けて何もしなければ、まちがいなく自分の体力、能力は低下していくでしょう。歳をとるとその衰弱速度がとても速くなります。

 楽をすることは目に見えない自殺行為だと思っています。
 何とか頑張って働くことが体力や健康の維持に役立つと思えば、医者も薬も無いけれど、こんな生活も一夜の病院暮らし、自己介護生活だと思えます。とにかく、どんな小さなことでも自分で目的を持ち、それが出来た時の喜びを感ずることは、病院生活、介護生活とは別の生きる力の維持につながると思っています。
 

 ここまで書いたらもう疲れました。
 書きたいことはいっぱいありますが、一寸と一服です。何とか少しでも考える力が残っているうちに、老人の生きざまを少しでも書いてみたいと思っています。
 
 春の彼岸に入った日             盛夫
 
 原田雅司 雅兄

 (下記は 加藤さんの葉書より)